HOME>Column>キャットフードの安全性が確認できるポイントを知っておくと安心

キャットフードの安全性が確認できるポイントを知っておくと安心

ねこと子供

無添加キャットフードが支持される理由

猫も大切な家族の一員として大切にされるようになり、毎日与えるキャットフードの安全性にも大きな関心が向けられています。市販のフードには栄養バランスだけでなく風味や香り、機能性など様々な工夫が施されています。猫は元々肉食動物なので、新鮮な魚や肉を原材料に使っているフードが多く見受けられます。また、猫は食に飽きやすく、風味や味付けにもこだわりが必要です。そんな中でも、原材料の中に添加物を使っていないキャットフードが人気です。添加物は風味付けや着色料、機能性を持たせるために使われることがあります。これらは猫が毎日フードをおいしく飽きずに食べ続けられるよう工夫されたものですが、この添加物を摂取し続けてどのような影響が体にあるか詳しいことは分かっていません。大きな病気に至らないまでも、日常生活でのちょっとした体調不良やアレルギー様症状、活動性の低下などに関与する可能性もあります。いつまでも活発で健康な体を維持するには、できるだけ添加物のないキャットフードをあげたいと考える人が増えています。

エサ

4Dミートは避けよう!

安さが売りのキャットフードの原材料を見てみると、よくミールという単語を目にします。これは食用肉のうち肉を取り除いた残りの部分、主にくず肉や骨、内臓を細かくすりつぶした物のことです。捨てる部分がほとんどなくなるためエコで費用も抑えられるため、これを原材料に使うとキャットフードの原価も抑えられます。しかし、これに使われる肉は4Dミートの可能性があります。4DとはDEAD(死んだ動物)、DISEASED(病気の動物)、DYING(死にそうな動物)、DISABLED(障害のある動物)の頭文字を取ったものです。これらの動物の肉や内臓をミールにしている可能性があります。4Dミートは食用として不適格とされた肉なので、栄養価だけでは測れないような物が入っている可能性がぬぐえません。安全面から考えると、4Dミートを使用していないキャットフードを選ぶ方が良いです。